音楽と仕事を両立する方法を解説します

音楽雑学
Tips

有名アーティストになって年収1000万円稼ぐ夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

アーティストとして生きていくのは夢がありますが収入が不安定なため、音楽と仕事を両立している人は非常に多いです。

本業で安定した収入を得ながら、音楽は副業としてボーナスの様な収入を稼げるのでかなり理想のスタイルなんです。

しかしそれをやる上で大変なのが「両立」です。仕事はそんな簡単で都合のいいものでは無く、家に帰ってきた時にはクタクタになっていることが多いんですよね。

忙しい日常生活の中で「音楽と両立をする方法」をこの記事では解説していきます。

仕事と音楽を両立するなら「楽しさ」を感じる事が1番大切

結局の所、音楽を仕事と両立するには「音楽が好きで楽しいと思う純粋な心」が1番大切です。

そうでないと音楽はやらなくなってしまうからです。

仕事で疲れ果てた時でも「音楽をやりたい!」と心の底から思える気持ちがあることが1番重要だったりします。

このモチベーションが無いと音楽は続かないです。「音楽やらなきゃ」と言う義務感があるとどうしても続かなくなってしまいます。

それどころか音楽が嫌いになってしまうパターンに陥るんですよね。

「仕事は辛くて大変。そして音楽をやるのも苦痛」こんなの誰にも続かないのです。

逆に言えば音楽を心の底から「楽しい」と感じる事が出来れば両立するのは簡単です。

家で寝転がりながらスマホでYouTubeを見るくらい簡単です。

結果を見すぎない事が両立のコツ

音楽を嫌いになってモチベーションが下がる原因として「成功や結果を見すぎている」と言うものがあります。

これは音楽の世界に入り込んだ人で「有名アーティストになりたい!」と希望を抱く人の多くが抱える現象です。

音楽と言うのは結果を出すのが難しく時間が掛かります。なので目先の結果を見すぎてしまうのは辞めたほうが良いですね。これは絶対です。

音楽に挑戦している「今」を楽しめないと「毎日頑張ってるのに結果が中々でない」と嫌な気持ちになってしまいます。

目的が「結果を出して有名になってお金持ちになる」とかだと長続きはしないんです。

それなら音楽を辞めてもっと稼ぎやすいビジネスをやった方が良いですね。

Tips

人気アーティストになる夢を叶える方法はこちらのTipsで解説しています。きっとあなたの音楽人生を大きく変えるキッカケになるでしょう↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

音楽と仕事を両立するにはソロで活動することが大切

音楽と仕事を両立するなら「バンド」をやるのは結構難しいです。なぜなら他のメンバーと練習時間を合わせないといけないしライブの日程を決めたらちゃんと休みを合わせなければいけません。

これも「ちゃんと休みを貰えて急な出勤が無い会社」でなければいけないです。こればっかりは入った会社や部署によって変わるので正直運次第ですね。

ソロ活動の場合はあまり問題ないですが、これをバンドのメンバー全員で合わせるとなると困難です。

予定が合わない事が原因で解散するバンドも良くありますからね。

音楽と仕事を両立するのは大変です。なので「どこを削って妥協するか?」と言う取捨選択をしていく事が重要なのです。

例えば「ライブやリリース音楽の数は減らして厳選する」「習得に時間のかかる難しい曲はなるべく作らない」などなど。

自分のライフスタイルや忙しさに合わせて活動内容を調整していくスキルは必要です。

音楽が本業の人に比べて活動がしにくくなるのは当たり前なのでそれとどう付き合っていくかをよく考えましょう。

活動場所は「ネット」をメインにすると簡単

現代は仕事と音楽の両立がかなりやりやすくなってきています。自宅に居ながらも自由に活動できるので空いている時間に音楽を作れます。

また「この場所に移動しなきゃいけない」と言う縛りが無いので楽なんですよね。

路上ライブなんかも基本的にはやらなくて良いんです。と言うか最近は規制が厳しくなってきているので路上ライブをやらないアーティストは結構多いです。

ネットをメインに音楽活動をしていった方が圧倒的にコスパが良いです。知名度が上がってファンが増えてきたらリアルでの活動も増やしていくと良いでしょう。

今時はYouTubeとTikTokの2大SNSがあるので、これを上手く使って有名になっていく手法が今の音楽業界では当たり前になってきています。

Tips

オリジナル曲をバズらせて有名アーティストになる方法はこちらのTipsで学ぶ事が出来ます。おかげ様で多くのアーティストの方にご購入いただいています↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

DTMなら忙しい人にも音楽が出来る

例えばアコースティックギターを使って弾き語りする場合、その練習に沢山時間を使う必要がありますよね。しかも仕事が忙しくて練習が出来ない日が続くと腕は鈍っていきます。

そんな方はDTMをやると良いでしょう。いわゆる「パソコンでの打ち込み」で曲を作るのです。

ちなみに編曲などもまとめて出来るのでDTMが出来るようになるとかなりアーティストとして有利なんです。

あの有名曲「YOASOBI – 夜に駆ける」も打ち込みで作られた楽曲です。メジャーデビューしている人の曲でも打ち込みは意外なほど多いんですよね。

DTMはある程度の知識が身について自由に動かせるようになるまでの勉強が少し大変ですが、調べながらやっていくうちに徐々に慣れていきます。

DTMは「音楽とDAWソフトに関する知識」が重要なので毎日やらなくても腕が鈍ることは楽器に比べて圧倒的に少ないです。

「楽器で演奏したり練習するのが大変になってきて両立出来そうにない」と悩んだ時はDTMスタイルに移行してみるのもオススメですよ。

仕事は年齢が上がるにつれて責任も増して休みにくくなる

仕事と言うのは会社に入りたての頃は、意外と休みをもらえたりするものです。

しかし役職が付いたり現場のリーダー的な存在になってくると仕事が休みにくくなってきます。

そうなると徐々に音楽活動に時間を自由に使えなくなってきます。

そして家庭が出来て結婚したとなると更に自分の時間が無くなっていくので、音楽活動はあまり出来なくなっていきますね。

なので音楽で成功したいなら時間を自由に使える今のうちに頑張っていく事が重要です。

しかしライブなどをせずにネット上だけで活動するアーティストなら忙しくても休みが取れなくてもスキマ時間に作曲してリリースすることが可能です。

「武道館でライブがしたい!」という夢を叶えるのは難易度が高いですが、仕事をしながら合間に音楽を続ける事は全然可能です。

しかし理想は全てが敵うわけではないのである程度活動内容に妥協していく事は大切ですね。

Tips

人気アーティストになる夢を叶えて年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。きっとあなたの音楽人生を大きく変えるキッカケになるでしょう↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

複雑な曲よりもシンプルで万人ウケしやすい曲を作ると効率が良い

数多くのアーティストが陥る「沼」として作曲を複雑にしてしまうと言う事があります。

「音楽的に高度で評価される玄人感あふれる曲」と言うのは誰しも憧れるものです。

しかしアーティストにおいてそれはあまり良い傾向とは言えないのです。

なぜかと言うと音楽と言う仕事は「素人に聴いてもらって稼ぐ」と言うビジネスモデルです。なので玄人向けに曲を作っても全く売り上げが上がらないんですよね。

難しい高度な曲と言うのは、聞く側にも耳の良さと知識が必要になります。しかし現状の音楽と言うのはそんなに高度な楽しみ方をするものでは無いのです。

「聴いていて心地よくカラオケなどで歌いたくなる曲」これこそが今の音楽業界に求められる曲の形なのです。

つまり曲はシンプルで聞きやすく歌いやすい曲の方が売れやすいのです。

転調・可変拍子などを多く加えると歌いにくくなるし、例えばギターの演奏にスウィープやハイブリッドピッキングなど高度なものを加えるとカバーがしにくくなって知名度が上がりにくくなってしまいます。

こういった高度な曲を好むのは極度の音楽マニアだけですからね。

シンプルな曲なら作成時間も短くて済むので忙しい社会人にも相性が良いです

曲は複雑なモノよりもシンプルな方が圧倒的に作りやすく簡単です。例えば弾き語りの曲ならアコギでコード進行を弾いてそこに歌を合わせるだけです。

後は伴奏などを良い感じにメロディーを作れば曲は完成します。コード進行は「丸サ進行」や「王道進行」などのメジャーなものを使えばOKです。

「音楽は引き算」と言う名言もあります。色んな音を入れて豪華な曲にするアーティストも多いですが、無駄なモノをそぎ落として聞きやすい曲を作ると言うのも重要なスキルです。

ただし楽器1つずつの音が聞きやすくなるので、そのトラックのクオリティーの高さは重要ですけどね。

楽器や音の数が少ないとそれだけ誤魔化しにくくなるので、それを自然にする編曲スキルや演奏スキルが必要になってきます。

ここら辺のバランスは自分に合っているものを試行錯誤してみると良いでしょう。

副業として音楽をやって、知名度が上がれば年収を数百万~数千万ベースで上げる事も可能です。

Tips

音楽で成功して年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

マルチタスクを出来る人は仕事と音楽を両立をしやすい

マルチタスクとは複数の業務を同時進行でやるスキルです。これが上手な人は仕事と音楽を両立しやすくなります。

マルチタスクのコツとしては「今やっていることに一点集中すること」と「アイデアや覚えておくことはメモに残して一旦頭から離す事」です。

マルチタスクを上手に出来ない人は「今やっている事があるのに別のことを考えてしまう」と言う特徴があります。

これだと仕事の進行が遅くなるし集中できなくなるので頭がパンクしてしまいます。

マルチタスクのコツは「オンオフの切り替え」に似ているかもしれません。

今はこの仕事に集中して、それが終わったり時間が来たら別の仕事に頭を切り替えると言う事です。

仕事をやっている時にも音楽の事を考えてしまうと、仕事のミスや忘れをすることがあるので注意しましょう。

後は音楽のことを一日中考えてくると音楽が嫌になってしまう事があります。なので、切り替えやメリハリをつけるのがオススメですね。

もしふとした時に作曲アイデアが浮かんだならスマホなどにメモを取って仕事中は一旦音楽の事を忘れて作業に集中するのがオススメですね。

正社員を続けるつもりなら音楽は需要を意識しないほうが楽しい

「この先もずっと仕事をしながら音楽を両立したい」と考えている方も居るでしょう。実は「自分の好きな音楽」をやるには仕事と両立するやり方がぴったりなんです。

音楽を専業でやっていくには「好きな曲よりも売れる曲」を優先して作らなければいけません。生活していくお金を稼いでいくには、仕方のない事なんです。

なので有名アーティストの方は本当に自分の好きな音楽を出来ていないパターンが良くあるんです。

特にレーベル契約すると上に従わなければいけないですからね。

そのレーベルの方向性にもよりますがアーティストの個性を重視して自由にやらせる所もあれば、お金儲けの道具として売れる曲を作らせる所もあります。

これは個人的な提案ですが、仕事と両立して音楽をやりたいならレーベルに所属せず「本当に自分が作りたい曲」だけを作っていく事をオススメします。

なぜならその方が人生の充実度が大幅に上がるからです。

「売れる音楽を作る」と言う行為は本当につまらないしただの作業になってしまうので、段々音楽が嫌いになっていきますよ。

自分が最高に楽しめる音楽を出来るのは社会人として仕事をしている人の特権と言えましょう。

Tips

音楽で成功を掴み年収1000万円越えを目指す方法はこちらのTipsで解説しています。おかげ様で多くのアーティストの方にご購入いただいている人気のTipsです↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました