歌声を加工しすぎているアーティストはダサいのか?

音楽雑学
Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみてください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

音楽には様々なジャンルや歌い方、表現の仕方があります。

さてその音楽の要素の1つに「歌声の加工」があります。今の時代はDAWソフトを使って音声を簡単に加工できます。

現在リリースされている曲のほぼ全てが、歌声に加工を施してあります。

しかし中には「やりすぎな加工」をするアーティストも居ます。

これには結構賛否両論の声がありますが、実際の音楽としての評価はどうなのでしょうか?

それについては解説していこうと思います。

実際、曲としてはダサくなる傾向が強い

音楽と言うのは「人の歌声」によって心動かされることが多いです。なので加工でその良さを消してしまうと感動しにくくなります。

実際、加工されまくっている曲はラブソング・バラード・ロックなどでは無く「テクノポップ」などと言った近未来で機械チックな雰囲気の曲に使われることが多いです。

それ以外の楽曲では加工しすぎた音声はダサくなりがちです。いわゆる「ケロケロボイス」と言われる機械っぽい声になるのですが、正直感動はしないです。

周りにも「加工された声が好き」って人は居ないですね。

人気アーティストになりたいなら「自分の声を活かした自然な加工」をしましょう。

リリースされている楽曲はどの歌声も多少なりとも加工はされています。やりすぎなければ綺麗な声になります。

Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみてください。きっとあなたの音楽人生を大きく変えるキッカケになるでしょう↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

加工は歌声が下手でも誤魔化せるのが良くない

加工技術があれば音痴な歌声も、ちゃんと聞けるものにすることが出来ます。

人の生の声を活かしたままの加工には限界がありますが、ケロケロボイスにするなら結構大幅な加工が出来るので誤魔化すことが可能なんです。

加工された機械の様な歌声が流行ってしまうとそれこそアーティストの終焉と言えるでしょう。

しかし不思議な事に加工されすぎた歌声ってあまり評価されないんですよね。人の心を動かすのは結局の所人の声なのかもしれません。

加工は下手な歌声を誤魔化していると言う風潮がある

ちゃんと生歌が上手いアーティストが評価されるような世の中になっているのか?と言われれば近年の音楽は微妙な所があります。

しかし過度な歌声の加工には嫌悪感を示す風潮があり、結構批判的な意見が多いです。

YouTubeのコメント欄では「歌声加工しすぎて好きじゃない」と言う意見を結構見かけます。

世間的には「加工しすぎた声」はウケが悪いですね。メジャーなアーティスト達もそこまで過度な加工をした曲はリリースしていない傾向にあります。

加工音声はアコースティックギターとの相性が最悪

アコースティックギターは弾き語りのスタイルが人気です。

弾き語りは出来るだけ生の声と音を活かした曲が人気です。加工や編曲も最低限に抑えて生演奏の良さを売りにしています。

その歌声をケロケロボイスレベルまで加工すると、もうそれは音楽として成立するか分からないくらいにひどいものになります。相性は最悪。

バラードや弾き語りで加工しすぎた声を使うアーティストはかなり希だし、大衆も聞き慣れていないので売れる事はまず無いでしょう。

弾き語りは素の歌の上手さが必要になるので難易度は少し高くなりますね。しかしそれが本来アーティストがあるべき姿なのだと私は思います。

音楽で成功を掴みたい方はビジネス戦略を身に着けると良いですよ。有名になるチャンスをより早く掴むことが可能になります。

Tips

年収1000万円越えのアーティストになる夢を叶えたい方はこちらのTipsをご覧ください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

全くの無加工音声も良いものでは無い

現代の音楽では音声の加工は必須です。無加工の曲ではまず売れないでしょう。

一番重要なのは「ノイズの除去」です。

録音した時に必ずと言っていいほど入る「サーッ」と言う音はホワイトノイズと言い、これがあるとまず聞いてもらえないです。

特にイヤホンで聞いた時にこのノイズは目立ちやすく、不快な要素になります。こういったノイズを逆に生かしたLofiと言う音楽ジャンルもありますが、それ以外のポップスなどでは必ず除去しましょう。

もう一つ重要なのが「リップノイズ」です。これはボーカルのトラック限定です。口を開いた時などに鳴る、ヌチャっという不快な音の事ですね。これを消さないと最悪の曲になります。

その他、楽器のノイズや雑音などもありますがこれらも除去した方が聞きやすい楽曲になります。

DAWソフトとパソコンがあればここら辺もちゃんと編集できます。

加工しすぎた声はなぜダサく感じるのか?

歌声の加工に良い悪いと言う事は無く、アーティスト本人の自由です。

重要なのはリスナーがその曲をどう受け取るか?と言う事です。

加工された歌声をダサく感じる人が多い理由の1つに「みんな同じ声に聞こえるので個性が出ない」と言うものがあります。

音声に加工を重ねていくと、似たり寄ったりの機械音声になります。そのアーティスト特有の「声」が無くなっていくんです。

アーティストは才能を売る商売なので、歌唱力の無さを編集でごまかしているのがダサいのです。

もう一つに「オシャレさが全くない」と言う所にあります。音楽は現代における一つのファッションアイテムです。

どのアーティストを好きでいるか?どんな曲を聴いているか?と言う事は、服と同じくらい見た目に関わる重要な所です。

つまりオシャレじゃない音楽を聞くのが嫌な人は結構居るんです。

この「オシャレ」と言うワードもかなり曖昧で言語化が難しいのですが、少なくとも今の時代には加工され過ぎた歌声はオシャレだと評価はされていないです。

もしかしたら将来は音楽の「オシャレ」とされるジャンルも変わっているかもしれません。

Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみてください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

有名ラッパーのオートチューンが賛否両論だったこともある

これはJ-POPとは離れたジャンルではありますが、ラップで音楽をリリースしているアーティストも沢山います。近年はラップの盛り上がりもかなりありますからね。

このラッパーたちの間にも「歌声の加工」はあります。最近、賛否両論となったのは「オートチューン」と呼ばれるものです。

カッコいい曲もありますが、オートチューンの曲が溢れてくるとがっかりする人たちも多かったのです。

ちなみに私はラップに関してあまり詳しくないですが、オートチューンを使った曲は好きじゃないしプレイリストには入れないですね。これに関しては各々の好みの問題です。

J-POPだろうとラップだろうとやはり人の生の歌声に惹かれる所はありますね。

歌声を加工しすぎるとボーカロイドっぽくなる

機械音声の音楽と言えば「ボーカロイド」「可不」などと言ったジャンルです。

近年若い世代を中心に人気を得ていて、度々話題曲が出てきます。これらが人気の要素の一つとして「アーティストがカバー曲を出すことを許可している」と言う所にあります。

歌い手やYouTubeなどの活動者はこれらのボカロ曲をカバーして自分の知名度を上げられるし、ボカロPは自分のオリジナル曲を有名に出来るのでお互いWin-Winの関係となっています。

さて、これらのボーカロイドで作られた曲の本家はやはり「機械音声の独特な歌声」に魅力があります。

好き嫌いは分かれますが、原曲のボーカロイドにはそこにしかない魅力があります。

機械音声の歌声はボーカロイドの専門分野と言っても良いでしょう。多くのボカロP(編曲者)が居るので全体のレベルも高いです。

つまりここら辺の「機械音声の強豪」が居るのにわざわざ、アーティストが機械音声っぽい加工の音楽をリリースする必要がないんですよね。需要があまり無いんです。

ボーカロイドは人によって好き嫌いがある

ボーカロイドは人気コンテンツとは言え、実は好き嫌いがかなり別れるジャンルです。ボカロは今でこそ大衆に知られるようになったものの、元はオタクコンテンツです。

可愛い女の子のキャラクターが歌っている「二次元コンテンツ」であり、人を選ぶ音楽でした。

そしてオタクに対してあまり良いイメージを持っていない人も結構います。

その結果、歌声に加工をし過ぎた曲は「なんかボカロっぽいね」と言われることもあったのです。

このような感想を言われることに嫌悪感を示すアーティストやファンは一定数居るものです。

現在の加工しすぎた歌声は「ボカロなどのオタクコンテンツ」「チャラい人が好んで聞いてる音楽(恐らくラップのオートチューンの影響)」と言うやんわりとした、少しネガティブなイメージを持たれていると私は感じています。

Tips

音楽で成功を掴み、有名アーティストになりたい方はこちらのTipsをぜひ一度読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

加工は表現では無く誤魔化していると思われがち

音声加工の強弱に関してはアーティストにとって一つの表現方法だと私は考えています。意図して加工を強くすることによって曲のイメージや聞き心地を作ることもあるからです。

人によっては「曲の一部分だけ加工を強くする」と言うやり方で、飽きの来ない緩急のある曲を作る方も居ますね。

しかしそんな試行錯誤した曲も、リスナーや大衆がどう受け取るかは分からないのです。

現代において「加工」と言うものは音楽に限らず、あまり好かれない傾向にあります。

自撮り写真やTikTokの動画などなど。

加工は「本来劣っているモノを誤魔化して良く見せる」と言うイメージがあるため、あまり良く思われないんですよね。

「加工→音楽表現の一つ」となればいいのですが「加工→下手なのを誤魔化している」と大衆が勘違いしてしまいがちな所が欠点なのです。

もし加工に対してプラスイメージが強ければ、音楽に関しても加工は表現の一つとしてもっと広く受け入れられていたと思います。

加工が強すぎる音楽は耳障りが悪い

聞いていてあまり心地よくない曲と言うのはリピートにくくヒットしずらいです。

加工が強いケロケロボイスは最初の印象こそ強いものの、プレイリストに入れてリピートして聞きたい音楽にはならないのです。

加工が強いとリラックスできる要素が無く、常に緊張感があり耳が痛くなる曲になりがちです。特にイヤホンで聞くほどきつくなります。

人は生に近い声の方が精神的にリラックスできるし、心地よいと感じるものなのです。

加工が強い曲は後世に残る名曲と言うよりも「偶然流行った一発屋」と言うイメージが強くなります。

流行り廃りが激しく、いつまでも聞きたい曲にはならないのでこれも加工をし過ぎるデメリットと言えるでしょう。

音楽で売れたいなら市場を理解して「需要のある曲」をリリースしていく事が重要です。

Tips

人気アーティストになって、お金を稼ぎまくりたい方はこちらのTipsを読まないと損ですよ↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

加工した歌声はラブソングとの相性が悪い

音楽業界で一番人気のあるジャンルは間違いなくラブソングです。売れたいならラブソングを作るべきだし多くのアーティストがそうやって這い上がってきました。

そしてこのラブソングは「心を打たれる歌詞」が重要になってきます。この歌詞をいかに伝えるかが重要なのです。

しかし「過度な加工をした音声」と「ラブソング」の組み合わせはハッキリ言って最悪です。

相性がかなり悪いので使っているアーティストは少ないですね。

ラブソングは人の生の歌声の方が感動できるのです。恋愛とは人が心でするので、機械チックな声ではせっかくの良い歌詞も響かないんですよね。

これが理由で、加工を嫌うアーティストは多いです。音楽は芸術ですが生活していくためには売れないといけないですからね。

人気アーティストに加工しすぎた曲をリリースしている人も少ない事から、世の中の音楽の需要が分かりますよね。

ロックバンドとの相性もかなり悪い

ロックバンドは日本では未だに根強い人気があります。それはこれからも変わらないでしょう。

ロックバンドと言えばライブや生演奏が人気です。打ち込み音楽ではなく生の楽器演奏+歌声のスタイルが主流ですよね。

なので過度な加工は相性が悪いです。現に売れているバンドのほとんどが自分の歌声を活かした編曲をしています。

バンドにおいて「過度な加工」「シンセサイザ」はタブーの様なものになっています。もちろんやるか否かは自由ですがあまり売れないでしょう。

相性の悪い曲のジャンルで無理にケロケロボイスを使おうとすると歪で聞きにくい曲が出来上がりますね。

日本で人気の音楽ジャンルと加工した音声の相性が悪いので「=ダサい」と言う風潮が出来上がっているのかもしれませんね。

Tips

人気アーティストになって年収1000万円稼ぐ夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみてください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました