アーティストが音楽で食えない理由。解決策も教えます

音楽雑学
Tips

音楽で食えるようになる極秘テクニックについてはこちらのTipsで詳しく解説しています。ぜひ一度読んでみて下さい。この機会を逃すと損ですよ↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

「音楽では食っていけない」と言うセリフを聞いたことがある方は多いと思います。

アーティストとして生計を立てていくのは容易な事では無いし、難しいのは確かです。

では、なぜ「食えない」と言われているのか?その理由と解決策について解説していきます。

音楽業界は競争が激しい

アーティストと言うのは誰しも一度は憧れる職業です。

特に最近はSNSが発展した事と、DAWソフトが普及したことで誰でも音楽で成功できる可能性が出来たんですよね。

それに今はグーグル検索やYouTubeなどで、気軽に無料で音楽知識を学べる事も大きいです。

昔よりもアーティストになる難易度が下がったので、数が増えているんですよね。

つまり簡単に言えば「ライバルが多い」と言う事です。競争が激化すればそれだけ音楽で成功することが難しくなってきます。

そして何よりも音楽の供給が増える事で「ファンが分散して1人のアーティストの収益が増えにくくなる」と言う事も、音楽で食べていく難易度を上げています。

スキルと知識を身に付けることで生きていける

アーティストとして食っていきたいなら「知識」が何よりも重要になります。

音楽の勉強だけをしていても成功は掴めません。より現実的にビジネス的に音楽を学んでいく必要があります。

特に現代の音楽業界で成功するならば「SNSマーケティング」「若い世代の需要」を詳しく理解しておく必要があるのです。

「音楽は才能がある一握りの人間が食っていける」と言うよりも「より戦略的に音楽ビジネスを理解して、世の中の需要に沿った作曲が出来る人が食っていける」と言った方が正しいのです。

”才能”を言い訳にするタイプの人は、あまり賢いとは言えないです。アーティストが稼げる仕組みや作曲の取り組み方など、そもそも根本から違うのです。

作曲は「自分の才能や個性を作品にする事」では無く「需要のある音楽を見極めてバズる作品を作る事」が重要になってきます。

Tips

より詳しく音楽ビジネスの知識を学びたい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。アーティストとして成功したいなら必見です↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

音楽業界は全体的に収入が減っている?

「CDが売れなくなった」と言うセリフをどこかで聞いたことがある方も多いでしょう。

現状、音楽業界におけるCDに売り上げは半分以下にもなっているようです。今後もCDの売り上げは下がっていく事でしょう。

現代はスマホが普及し、YouTubeやストリーミングサービスがメインになった事により気軽に無料で音楽を聞くことが出来るようになりました。

CDがそもそも不要なのでそもそも売れるわけが無いんですよね。そしてYouTubeやストリーミングサービスは正直、あまり稼げる訳では無いのです。

アーティストからしてもメインの収入源である「CDを売る」と言う行為が弱くなって、あまり稼げない再生収入になってしまったのは痛手と言えますね。

では「昔に比べて音楽で成功することが難しくなったのか?」と言われると答えはNOです。

世の中が便利になってCDが売れなくなりましたが、その分アーティスト側もネットで気軽に音楽を発信しやすくなったので成功を掴める確率は上がっていると私は思いますね。

インディーズや無所属のアーティストが有利になってきた

アーティストと言えば「メジャーデビューが成功」のようなイメージがありますが、現代の音楽業界ではそれも変わってきている傾向にあります。

TikTokとYouTubeショートのおかげで、レーベルに所属しなくても有名アーティストになれるチャンスがあるのです。

正直な話、昔よりも音楽で食っていくのは簡単になったと思います。無理にレーベルに頼る必要が無いし、田舎に住んでいてもネット上での活動をメインにやっていけば音楽で夢を叶えられる時代になったのです。

音楽もビジネスの一つなので、他のアーティストとの競争に勝っていかないと生き残れないのは事実でしょう。

しかし、それはどんなビジネスや仕事にも言える事です。売れないお店や会社は潰れていきますよね。

なのでアーティストだけが特別食っていく事が難しいわけでは無いんですよね。むしろスポーツ選手とかの方が圧倒的に難しいと思いますよ。

Tips

人気アーティストになる夢を叶えて年収1000万円越えを目指したい方は、こちらのTipsをぜひ一度読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

挫折した人が「音楽では食えない」と言っている事は多い

「音楽は食えない」と言っている人たちの共通点は成功していない人です。アーティストとして生きる事に挫折した経験があるのです。

でもこれは当たり前なんですよね。例えばラーメン屋を開業した人が居て、売り上げが悪く潰れてしまったら「ラーメン屋は食えない」と言う事でしょう。

ハッキリ言いますが、挫折した人や成功していない人に耳を傾ければネガティブな発言しか出てこないんですよね。

なので私は「音楽は食っていけないよ」と言っている人の発言は、全く気にしなくて良いと思っています。

音楽に限った事では無いですが、人生で成功したいならネガティブな言葉は切り捨てていく事が重要です。成功するための情報や言葉を頭に入れていきましょう。

アーティストとして活躍している人はきっと「簡単じゃないけど音楽は食っていけるよ」と言う事でしょう。前向きな言葉を信じれば、あなたの音楽人生は大きく変わっていきます。

人生どうにかなるので心配するのは無駄

「アーティストを目指して食えなかったらどうしよう」と不安を頭に抱える方も多いと思います。

しかし人生って意外とどうにかなるし、生きていけるんですよね。

心配ばかりしているとメンタルが弱って音楽活動に身が入らなくなってしまいます。そうなると負の悪循環に入ってしまいます。

将来のこと何て誰にも分からないんですよ。なので”今自分がやりたいこと”を全力で追いかけていきましょう。

余計な事を考えず前に突き進むメンタルの強さも、アーティストとして成功するためには重要な要素なんです。

Tips

アーティストとして成功するための”近道”はこちらのTipsで学ぶ事が出来ます。下積み時代を早く終わらせたい方は必見です↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

アーティストの収入はかなり不安定

「アーティストは食っていけない」と言われる一つの要因として”収入の不安定さ”が挙げられます。

会社員のように毎年少しずつ給料が上がっていくわけでは無いです。むしろ「去年より年収が下がった」と言う事もあるくらいです。

売れ行きや人気によってアーティストの収入は大きく変わります。しかしこれは会社員以外の仕事なら当然のことなのです。

その不安定さと引き換えに”大きなチャンス”を狙えるのがアーティストの良い所です。

会社員として働いていては中々達成できない「年収1000万円」や、ほぼ不可能な「年収1億円」だって習狙う事が出来るんです。

普通の会社員なら多くの人は年収200~500万円辺りであることが多いです。特に若いほど年収は低い傾向にあります。

アーティストにとって「収入の不安定さ」はデメリットと捉えられる事が多いですが、実はそれはネガティブな考え方です。

一度大きな成功を掴んで一気に稼ぐ!と言う考え方の方が上手くいきます。「毎年年収○○○万稼ぐ」と言った目標の立て方をすると失敗します。

どんなトップアーティストでも実力がある音楽家でも「収入の安定化」は無理なんです。

曲をリリースしてみるまでどれだけ売れるか分からないし、景気にも左右されますからね。

年収は不安定であることは許容して、その上でビッグチャンスを掴んで一気に大金を稼ぐのが正解なんですよね。

アーティストと言うのは必ず「全盛期」があります。この時に一生暮らせるくらいのお金を稼ぐと言う意識があった方が成功します。

「アーティストは収入が不安定」と言う考え方はいわゆる”会社員脳”なんです。

アーティストは起業家なので「全盛期に稼ぎまくる」と言う考え方に変えないとダメです。これは例えばYouTuberなんかにも当てはまりますね。

一生アーティスト活動を続けていく考え方は捨てよう

会社員の定年は65歳なのでそれまで働くと言うイメージが強いと思います。

しかしアーティストは”短期集中型”と考えてもらった方が良いでしょう。60歳を超えてまで音楽活動をしている人は稀です。

大体はファンが減って売れなくなって引退するか、飽きて辞めます。後は「作曲のネタ切れ」ですね。

アーティストなどの”創作系の仕事”ってかなり頭を使うし段々いいアイデアが思いつかなくなってくるんですよね。なので作曲をすることが苦しくなってきます。

そしてアーティストは若い方が基本的に有利です。20~30代が全盛期と考えて良いでしょう。

この年で稼ぎ切ったら後は引退すると考えておいた方が良いです。別の仕事をのんびりしても良いし、音楽講師をやったり起業したりすることも可能です。

例えば「GACKT」と言う人はアーティストとして成功した後、様々な事業を展開しお金持ちになっています。

アーティストとして活躍した後に何かで起業して更に稼ぐと言うスタイルは様々な人が歩んでいる道ですね。”人生における成功の形”としてはかなり良い例です。

Tips

人気アーティストになって音楽で成功する秘訣についてはこちらのTipsで解説しています。年収1000万円越えを目指したい方は、ぜひ一度読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

食えないアーティストの特徴

「食えないアーティスト」の特徴は大きく”1つだけ”です。

それは「芸術家」です。

芸術家タイプのアーティストと言うのは”自分の作りたい曲”を作り、そこにファンが集まって良くイメージです。

ハッキリ言いますが、このタイプのアーティストは食っていけないと考えて良いでしょう。

こういった芸術家タイプの人って、多くの場合世の中の需要と異なる音楽の好む傾向にあります。

音楽とはファンがいてこそ始めて食っていける仕事です。なのでファンが付かないような音楽を作っていては永遠に評価されないのです。

世にリリースされている音楽、特にメジャーレーベルと契約しているアーティストほど「芸術家タイプ」は少ないです。

なぜかと言うと大手のレーベルは「お金を稼ぐ事」を主軸に音楽活動と言うものを考えています。

なのでアーティストが作った曲もレーベルに所属する人たちのよって改変させられる事はよくあるのです。

「これはカッコいい曲だね。でも売れないよ」なんて事は日常茶飯事です。

音楽の世界は「天才の芸術家」が集まるイメージが強いと思います。しかし実際は「ビジネス知識に詳しいアーティスト」が食っていける世界なのです。

世の中には素晴らしい音楽を作る人は沢山いますが、全然売れていないパターンは良くあります。

逆にあまり音楽的に優れていなくても売れているアーティストも居るんです。

この違いを理解しない事には音楽で食っていけません。

全てのアーティストが悩む「芸術とビジネス」の天秤

全てのアーティストが悩むであろう「理想と現実」があります。

本当はみんな自分の納得のいく音楽だけを作っていきたいのです。

しかしその多くは「自分の作りたい音楽と売れる音楽は違う」と言う事に気づき、悩むのです。

これはインディーズ・メジャー両方に言える事です。

しかし食っていくためには「妥協する」と言う事が大切です。

成功しているアーティストは舵を切るのが上手いです。自分の理想の音楽では生計を立てられないので、需要が大きい音楽を作る方向性に変えていくのです。

近年はアーティストの数も増えているので「売れる音楽を作れない人」は埋もれていってしまいます。

Tips

有名アーティストになる夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。音楽を売るための本格的な戦略を学ぶ事が出来ます↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました