生歌が下手な有名アーティストがなぜ居るのか?

音楽雑学
Tips

有名アーティストになって年収1000万円稼ぐ夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみてください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

現代の音楽業界において「生歌が下手なアーティスト」は一定数存在します。もちろん上手いアーティストも存在します。

音楽を仕事にしているプロとして、生歌が下手と言う事はかなり致命的なのですが実はそれでも売れているアーティストは多いのです。

しかしそこにはちゃんとした理由があるのです。それをこの記事では深堀りしていきましょう。

現代の音楽にあまり「生歌の上手さ」は求められていない?

現代は音楽を聞くときはほぼスマホを使います。いわゆる電子データとしての音楽を聞くことが多いんです。

生歌を聞くのはライブか、イベント事くらいですね。しかもこれは熱狂的ファンにならないと聞かないんです。

世の中には「ファンだけどライブに行くほどではないかな」と言う層がかなり多いんです。

つまり大多数の人は電子データとしての音楽を耳にしている訳です。そして新しい音楽を知るときも大体はYouTubeかTikTokです。

つまり生歌が下手でも「電子データとして完成された曲」が良ければ人気は出るんです。

生歌を聞くのはほぼファンなのであまり問題にならない

ライブに行くのは熱狂的なファンであり信者です。これらの層は既にそのアーティストが好きなので、例え生歌が下手でも「ライブだから仕方ない」「生歌でこれは上手い」と感じるものなのです。

客観的に冷静に見れるわけでは無いんですよね。なので生歌の下手さはあまり問題にならないのです。

ただし「紅白歌合戦」や「フェス」などなど沢山のアーティストが集まるイベントでは生歌の下手なアーティストは目立ちやすくなります。

ファンでは無い人も居るので「あのアーティストあんまり歌上手くないよね」と思われることが多くなります。

ライブの生歌・生演奏は下手になるのが当たり前

どのアーティストでも生のライブは確実に下手になります。これは仕方のない事です。

しかし「データ上の曲と生の差」がありすぎると下手に感じてしまうのです。

CD・YouTube・Spotifyなどでリリースされている曲は、何回も撮り直しして上手くいったパートを繋ぎ合わせてその上で編集して加工しています。

この完成された完璧な曲を生演奏・生歌が超えられるわけないんです。どう頑張っても無理なんです。

なのである程度「生歌が下手」と言われることは仕方ないんですよね。

そして加工されている曲は「ノイズ」かなり消されています。ホワイトノイズやリップノイズを始め、パートによっては呼吸や息継ぎの音も編集によって消されます。

しかしライブなどの生歌はこういったノイズをあまり消せないのです。なのでリリースされた曲に比べて「素人感」や「カラオケっぽさ」が出てしまうのです。

Tips

人気アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみてください。きっとあなたの音楽人生を大きく変えるキッカケになるでしょう↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

歌声の加工技術が発展しすぎた弊害

現代の音楽はリリースしている曲はほぼ100%加工してあります。

そして年々、編集ソフトや編曲者のレベルも高くなってきています。

加工技術が上がることはより綺麗で完成された曲を作れるので良いのですが、その反面完璧すぎる曲が出来てしまうのです。

つまり、より一層「生歌・生演奏との差が出来てしまう」と言う事なのです。

リリースされた曲が完成され過ぎているほどに、生歌に求められるレベルは上がっていくのです。

これは技術が発展しすぎた弊害とも言えるでしょう。

生歌が上手いアーティストはリリース曲の加工も少ない

アコギで弾き語りするシンガーソングライターの方に多いのですが「生歌の雰囲気を重視して加工は最低限にする」と言う意識でレコーディングをしている方が居ます。

こういったアーティストは生歌とリリースされた曲の違いが少ないのです。「口からCD音源が出ている」なんて言われる人は、歌声や演奏の加工を最低限に抑えているんです。

アーティストとして長く評価されるにはやはり加工無しでの歌の上手さが重要です。

ライブの生歌の迫力が無ければファンにもガッカリされるし「歌が下手なアーティスト」と言うレッテルを張られてしまいます。

こういうのは最初は分からなくても活動期間が長くなるほど”バレて”いきますからね。

Tips

有名アーティストになる夢を叶えて年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを購入して読んでみてください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

難しい曲を作るアーティストは生歌が下手になりやすい

人気アーティストの中にも「シンプルな曲」と「難しい曲」を作る人で別れます。

音楽知識が豊富でクリエイティブな事をやりたいストイックなアーティストは曲の難易度を跳ね上げる傾向にあります。

例えば私は「King Gnu」と言うバンドが好きなのですが、曲は歌・楽器共に難易度が高い傾向にあります。

彼らの曲のオシャレさは随一で他のアーティストには無い魅力があります。

しかしその難易度の高さから、一発勝負のライブなどではあまり上手くいかない事もあるのです。

紅白歌合戦で「King Gnuはあまり生歌が上手くない」と賛否両論があった事がありますが、これも難しい曲を作ったデメリットですね。

簡単でシンプルな曲の方が「歌を上手く見せやすい」と言うメリットがありますね。

アーティストは「歌唱力が全て」では無い

アーティストは音楽における総合的な評価が重要です。

「歌唱力」

「音楽理論への理解」

「作詞センス」

「キャッチで大衆ウケする曲を作るセンス」

「音楽ビジネスのマーケティングスキル」

「自己プロデュース&宣伝の上手さ」

「ビジュアルやオシャレさ」

「流行を見切る勘の良さ」

「楽器演奏の技術」

「MVの制作スキル」

「人生経験や恋愛経験」

「DAWソフトでの編曲スキル」

これ以外にも様々な要素が混ざってアーティストと言うのは評価されます。歌唱力と言うのはあくまでも一つの要素に過ぎないのです。

特に、昔に比べて生の歌唱力よりも編集でいかに良く聞こえる音源に仕上げるか?と言う事の方が重要になってきていますね。

歌唱力があまり無くても編曲とレコーディングのやりようで割と誤魔化せます。生歌があまり上手くなくても有名になっているアーティストが居る理由がコレですね。

Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみてください。きっとあなたの音楽人生を大きく変えるキッカケになるでしょう↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

路上ライブを頻繁にやっている人は生歌が上手い

アーティストの下積み時代と言えば路上ライブですが、これを頻繁にやっているアーティストは生歌が上手い傾向にあります。

そもそも路上ライブは加工無しの歌声に自信が無いと出来ないですからね。

そして路上ライブに慣れている人は「生歌を上手く見せるスキル」を自然に会得していることが多いんですよね。これは経験から得られるものです。

そして作曲も、生歌やライブで生えるようなものにすることが多いです。歌声で道行く人を魅了するようなそんな曲を中心に作っています。

綺麗で耳にスッと入ってくる心地よいメロディーラインとコード進行を好むのも、こういったアーティストが多いです。

「あいみょん」「優里」はその良い例だと思います。

ライブ映えする曲がある

世の中には様々なジャンルの曲がありますが、その中でもライブ向きの曲とそうでない曲があります。

「ONE OK ROCK」「Official 髭男 dism」と言ったアーティストの曲はライブ映えします。

裏声では無い、叫ぶようなサビがある歌声はライブ向きであり「上手いな」と思わせやすい傾向にあります。

ラップや声を張れない低音パートが多い曲だと、ライブでは声量が足りず音程もズレる事があるのでリスナーに上手いと思わせにくいのです。さらにはミスも多くなりがちです。

もう一つは「リズムの乗りやすさ」も重要です。音楽に詳しくないリスナーでも分かりやすいリズム感の曲を作ることはライブのクオリティーを上げる事に繋がります。

高度でリズムが分かりにくい曲はライブで映えにくいです。デジタル媒体で聞く音源に比べて、生歌は音程・リズム感・声量が不安定なのでライブでは分かりにくい曲が更に聞きにくくなります。

そうなると生歌が下手なアーティストだと誤解される可能性が高くなるのです。

ライブを想定して作曲しているアーティストは生歌も上手い

アーティストによってライブでの音楽をどれだけ重要視するかは変わってきます。

例えば米津玄師なんかは最初はライブを一切やらないつもりだったそうです。

このように人によって音楽のスタイルは違うのです。

最初はライブをやるつもりはなかったけど、有名になって気が付いたらライブをやる話になっていたというパターンもあります。

生歌が上手いと言われるアーティストは比較的、音楽活動を始めた時点から「ライブをやって成功することを想定して音楽活動をしている」ように感じます。

なので生歌が映える作曲をするし、加工もやりすぎず自分の歌声を磨いていく事に努力を重ねていきます。

心のどこかで「生歌が下手なアーティストはダサい!」と言う考えを持っていた場合、ライブには相当力を入れて臨むでしょう。

Tips

人気アーティストになって年収1000万円越えを目指す方法はこちらのTipsで学ぶ事が出来ます。読まないと損ですよ↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

生歌は素人のカラオケレベル?

正直、生歌が下手なアーティストってカラオケが上手い素人よりもレベルが低い可能性があります。

作曲・編曲スキルはあれど、生歌のレベルは素人以下の可能性も十分あります。もちろんそこら辺のカラオケ好きよりかは上手いと思いますけどね。

逆に言えば、カラオケが得意で上手い自信がある人は作曲・編曲スキルを身につければ有名アーティストになれる可能性があります。

決して簡単ではありませんが、歌唱力と言う優れたものを持っているなら挑戦してみるのも良いと思いますよ。

歌唱力に特化したアーティストも居る

例えば「Ado」なんかは良い例ですね。彼女はアーティストと言うより歌い手と言った方が正しいですがその点は目をつむるとしましょう。

彼女は作詞作曲スキルは持ち合わせていないものの圧倒的な歌唱力を持っているので、様々なヒット曲を世に送り出しています。

「令和の歌姫」と言った異名を持つほどに彼女の歌声は評価されています。

Adoの裏ではプロの作曲家が楽曲提供しています。「最強の歌声×最高の楽曲」の組み合わせで音楽活動が出来るので、音楽業界を圧倒しているんですよね。

役割を分担することによって、より完成度の高い音楽をリリースしていけるのが良いですね。しかしその分、収益は分配されるので一人当たりの収入は少なくなりがちなのはデメリットですね。

Adoが将来、作曲・編曲スキルを身につけたら最強のアーティストになるかもしれません。歌い手が作曲もやるパターンは「まふまふ」が先駆者ですね。

Tips

人気アーティストになる秘訣はこちらのTipsで学ぶ事が出来ます。年収1000万円稼ぎたい方は必見です↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

年代によってウケる歌い方は変わってくる

歌唱力がそのままs正当に評価されるなら、昔のアーティストは今も人気でしょう。

しかし一言に「歌唱力」と言っても、結構これが曖昧なんですよね。

例えば演歌の様なビブラートを多く使い、声量も大きく艶のある歌声は現代ではウケないです。

歌唱力とは色々ありますが「表現のバリエーションが多く強弱をつけられて声量のあるアーティスト」が人気の傾向にあります。

Official 髭男 dism は今人気の歌唱力があるアーティストと言えるでしょう。シンプルで分かりやすく上手いので評価されやすい傾向にあると思います。作曲センスも抜群なのでかなり実力派ですね。

若い世代は爽やか系の歌声が人気

今の若い世代に人気のアーティストは爽やかで透き通った歌声が人気です。オシャレでサブカルチックな感じが好まれる傾向にありますね。

・yama

・Eve

・Tani Yuuki

など近年10~20代を中心に人気のアーティストは爽やかな歌声を売りにしている事が多いです。

もちろん様々なジャンルや歌い方の有名アーティストも居るので、一概に爽やかだと人気が出るとは言えないですけどね。ただ昔に比べて、爽やかでオシャレな曲が増えてきたように感じますね。

今人気のアーティストには共通した「雰囲気」があります。歌い方やファッションセンス、そして作詞作曲編曲の仕方など。

売れるアーティストの共通したポイントを見つけて、それを自分の音楽に落とし込んでいけば成功する確率は大きく上がりますね。

Tips

人気アーティストになる夢を叶える方法はこちらのTipsで学ぶ事が出来ます。おかげ様で多くのアーティストの方にご購入いただいている人気のTipsです↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました