ギターは日本製と海外製のどちら方が良いのか解説します

音楽雑学
Tips

有名アーティストになる方法についてはこちらのTipsで解説しています。年収1000万円越えを目指したい方は必見です↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

ギターメーカーはエレキギター・アコースティックギター共に日本製・海外製がありますがどちらの方が「良いギター」と言えるのでしょうか?

また、購入するなら日本製と海外製はどちらが良いのかを解説していきます。

結論から言えば「日本製の方がコスパが良いのでオススメ」ですね。

日本製のギターはクオリティーが高い

これはギターに限った事では無いですが “Made in Japan” のクオリティーの高さは国内外から評価されています。製品の制度やこだわり、商品化する審査基準などをかなり高いレベルで保っています。

良いギターを作ると言う点においては日本のメーカーの方が優れていると私は思います。

日本製のギターの良い所は「個体差が少ない」と言う所でしょう。

ギターと言うのは「自然の素材である木を使っている事」そして「職人の手作業」があるので、同じ商品名のギターでも音や弾きやすさに差があります。

しかし日本製のギターはそれが少なく、個体差があまり無いのです。なのでいわゆる外れ個体を買ってしまう事が無いので安心して購入できます。

日本人は細かい作業が得意ですし、商品の作成に妥協をしない徹底した職人魂を感じられます。

Made in Japan を買って失敗することはまず無いし、万が一の場合の対応も非常に良いです。

有名な日本メーカーのギターはそれだけ「品質のいい商品を今まで作り上げてきた」と言う実績があるので安心ですよ。

Tips

人気アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。おかげ様で多くのアーティストの方にご購入いただいています↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

日本製のギターは性能の割に価格が安い

例えば「予算20万円で良いギターが欲しい」と考えている場合、同じ価格帯なら日本製のギターを買った方が良いです。

日本製のギターは価格+10万円くらいの価値はあると考えて良いでしょう。

20万の機種を買えば30万円相当のギターのクオリティーの物が手に入ると言う事です。

ここのコスパの良さに関しては日本製のギターに敵うものはありません。価格以上の音と弾きやすさを欲しい方にとっては最高のギターになります。

「日本製のギターは日本人が弾きやすいように作られている」と言う事が多いのもメリットの1つです。

「日本製のギターを買って後悔した」と言う事はまず無いですね。それくらい商品のレベルが高いのです。

日本人のモノづくりの凄さは世界的に見ても群を抜いていますからね。

低価格のギターも日本製の物は音も良く弾きやすい

「初心者向け機種」に関しては日本製のギターは最強と言って良いでしょう。

3~5万円台のギターのクオリティーはかなり高く10万円越えの性能はあると思って良いです。

逆に、海外製のギターで安い機種を買うと失敗します。なぜなら安い機種は製作がかなり雑なので音も弾きやすさも微妙なのです。

特に海外製の安いギターは弾きにくいし、とにかく使っていて不満が多いです。なので正直買いたくは無いですね。

ギター初心者の方は間違いなく日本製の物を買った方が良いですね。世界に誇る楽器ブランドYAMAHAのギターがオススメです。価格は3~8万くらいの中から選ぶと良いでしょう。

Tips

音楽で年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。有名アーティストになる秘訣を学ぶ事が出来ます↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

日本人は海外コンプレックスがある

日本人は「海外の方が優れている」と言う先入観を持っています。実際音楽は海外の方が市場が大きいし人口も多いですからね。

なのでよく分からないけど海外製のギターは良い!と思っている人も多いのです。実際良いギターはたくさんありますからね。

しかし海外製の良いギターと言うのはどれもめちゃくちゃ高いです。例えば王道のアコースティックギターである「Martin D-28」は新品で45万円くらいします。

確かに優れているメーカーで良い商品を提供してくれるメーカではありますが、やはり値段の高さには頭を悩ませますね。

海外製のギターは「予算に余裕があって自分の欲しい機種なら価格はいくらでもOK」って人にはオススメですね。「○○万円以内で良いギターが欲しい」と言う人にはあまりオススメ出来ないです。

日本人の中には「やっぱギター買うなら海外製でしょ!」と特に理由も無く思っていて、それを言葉にする人も多いです。

実際、海外製と日本製のギターの音の違いは目を瞑ると聞き分けられない人がほとんどです。

弾きやすさに関しても特別海外製のギターが弾きやすいと言うわけでは無いです。むしろ海外製の方がナット幅が広かったりするので、日本人にとっては逆に弾きにくいと言う場合もあります。

「海外製のギターの方が何となく凄そう」と言うイメージは基本的に幻想ですね。

むしろ海外のギタリストからは日本製のギターが評価されていますからね。

日本人は海外製のギターの方がカッコよく感じる

「海外のギターを使っていた方が見栄えが良いから欲しい」そう思っているギタリストは多いです。

ギタリストにとって自分がメインで使っている機種はいわば「ファッション」の様なものです。

オシャレな服を着たいのと一緒で、オシャレなギターを使いたいんですよね。

アーティストは結構カッコつけたがりな人も多いですからね。実際、カッコいい方が音楽も売れますし。

最近では「Martin」「Taylor」「Gibson」「Fender」メーカーの機種では無く、ちょっとマイナーでサブカルチックな「Cole Clark」や「Maton」や「Ibanez」のギターを使っている人も多いです。

正直な話、性能では無く「デザインがオシャレ」「他のアーティストと被りたくない」「何となく弾きやすさが自分の癖に合っている」「音が好み」こういった感覚的な部分で購入を決断している方が多いです。

「ギターは性能で選ぶ」と言うよりも「自分に合っている機種を選ぶ」と言う買い方をした方が結果的に満足しますね。

最近ではギターメーカーのレベルもかなり上がってきているので「1万円以下の安い粗悪品」や「ヴィンテージの古いモデル」でも買わない限り基本的に失敗することは無いし、そのギターでアーティスト活動をずっとやっていけます。

Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

海外の方が市場が大きいので売れているギターの数が多い

基本的に日本メーカーに比べて海外のメーカーは販売数も多く、沢山のギターを製造しています。

そのため売れている数も多く所有者も増え続けていることから、知名度の高さで言えば海外のメーカーの方が上なのです。

そして有名で偉大なアーティストの方々はこれらの有名なメーカーのギターを愛用しています。

「あの○○と言うアーティストが認めてメイン機種として使っているギターなら良いものに違いない」と思う人は多いですからね。

海外メーカーの評価が漠然と言い気がするのはこういったブランド力によるものが大きいですね。

そして実際、海外のギターは価格は高いけど質は確かなものがあります。

それを高く評価するアーティストやYouTuberの方も多いので、自然に「海外のギターは良い」と言う認知が漠然と広まっていきます。

ちなみに「何が良いのか?」と言う事をハッキリわかる人は少ないです。

ただ、高いギターの音色は6弦の低音・高音のバランスが良く、サウンドに迫力があるので生で実際に弾いてみると「あ、なんか違う凄いな」と感じるはずです。弾き心地も滑らかでストレスが無いですからね。

なのでギターを買う際は「試奏」は絶対にやった方が良いです。その方がメーカーの特色や、価格の理由に気付けると思います。

ギターは10万円を超えてくると後は「好み」の問題になる

今の時代のギターは10万円代、モノによっては5万円~でも十分な性能をしたギターはあります。

音もまとまりがあってスタンダードな音色を出せるし、フレット処理などもちゃんとされていて弾きやすさも十分にあります。

ギターは10万円を超える機種であれば、正直どれを買っても音楽活動を十分にやっていけます。

後は自分の好み(音・弾き心地・見た目)で選べばOKです。100万円のギターは100万円の音色が出るかと言われると答えはNOです。

どちらかと言うと貴重な木材を厳選して使っているという点が、高価格の理由です。

後はヴィンテージギターは球数が限られているので当然希少価値があり、値段も跳ね上がります。

「ギターの異常な高額機種はほぼ希少性にある」と思ってもらって大丈夫です。

もちろんそのギターにしか出せない音色はありますが、正直これは趣味の領域です。

100万円のギターを「これ15万のギターなんだよね」と言って弾いても、ギターのマニアにしか違いは分からないです。

ましてや音楽と言うのは玄人よりも、音楽知識の浅い大衆に向けて作ることがほとんどです。なので高いギターを買ったから曲が売れるわけでも無いのです。

一般の人は生音を録音したものと打ち込みの違いも分からないですからね。ギターの音色で価格を判別できるわけが無いのです。

Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsをご覧ください↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

価格が高いと「なんか良さそうなギター」に見える

例えばですがYAMAHA製の5~10万円ほどのギターを「これは30万円するハイエンドモデルです」と言っても9割の人は疑わないと思います。

本当にギターに詳しいマニアの方にはさすがにバレますが、多くの人は「へえ~これが30万円のぎたーかあ」と感じるはずです。

海外には面白いYouTube動画があって「2種類のギターを弾いてどっちが高級ギターか?」と言う問題を出しても視聴者のコメントでは意見が分かれるのです。

つまり大多数の人には、良いギターを聞き分ける事も見分けることも出来ないのです。流石に粗悪品だとバレるかもしれませんけどね。

値段が高ければ高いほどいいギターと思い込むのはあまり良くないですね。

ギターは性能差と言うよりも「個性」と言った方が的確

ギターには様々な価格の物があり、それぞれに個性があります。また同じ商品名のギターでも作られた年代や、そもそもの個体差がそれぞれ存在します。

なので価格だけで良いギターかを判断するのは結構難しいです。

ギターの個体差は「Aさんにとってはこっちのギターの方が良い」を感じるが「Bさんにとってはこっちの方が好み」と言う事も良くあります。しかしどちらが上と言う優劣は無く、それぞれの個性なのです。

日本製のギターが手に馴染む人も居れば、フィンガースタイルを多用するのでナット幅が広めの海外のギターを好んで使うギタリストも居ます。

みんなそれぞれ違って良いのです。各々が導き出した「自分に1番合っているギター」を使っていますからね。そしてそれぞれちゃんと華があります。

Tips

人気アーティストになる夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。音楽で成功したい方は必見です↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

輸入品は基本的に高い

海外製のギターは日本で買うと高いです。輸送費や代理店で価格が上乗せされるし、為替の円安などでも値段は変化します。

輸入品は基本的に高いです。外車が高いように、基本的に海外製品はお金がかかるものなのです。

ここにも「海外製の製品の方が良いのではないか?」と思ってしまう罠があります。

もし仮に性能が全く同じギターがあったとして「日本製で30万円」「海外製で50万円」だった場合、海外製のギターの方が良いものだと勘違いされがちです。

そしてなんちゃってギタリストは「このギターには50万円の価値がある」と褒めちぎるのです。

それを聞いた初心者は「このギターは50万円分の性能があるんだ!」と勘違いしてしまうのです。

これが「海外製の高いギターは何となく良さそう」と言うイメージの原因なのです。

ギタリストが下手だとギターの性能を引き出せない

結局良い音楽を作れるのって、ギターの性能よりもプレイヤーの腕なんですよね。これだけ多種多様なギターを様々なアーティストが使っていて、それぞれ個性あふれる音楽をリリースしてきています。

現代のギターはみんな高性能なので、後はもうギタリストの実力がそのまま音楽に反映されます。

カッティングする時にミュートが甘ければ、雑音の混じった濁りのある音色になってしまいます。

コードを押さえるのが下手だと綺麗な和音が鳴らないです。

リズム感が無いと聞いていて気持ちの悪い曲が出来上がってしまいます。

曲を作るセンスが無ければそもそも売れません。

音楽理論を理解していないと世間にウケる曲を作れません。

ギターの性能って二の次なんですよね。上手いプレイヤーが使えばそれこそ「最高の性能のギター」と言えるでしょう。

もういっそのこと「デザイン」でギターを決めてしまっても良いと思います。自分のスキルを上げてその相棒を”最高のギター”にしてあげるのがギタリストの役目であると思います。

Tips

アーティストとして成功して年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました