プロのギタリストになる方法を教えます

音楽雑学
Tips

有名アーティストになって年収1000万円越えを目指す方法は、こちらのTipsにて解説しています。おかげ様でTipsの音楽ジャンルにて人気ランキング1位を獲得しました↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

ギターを弾いている方なら一度は「プロギタリストになる!」という夢を見る事でしょう。

ではどうすればプロギタリストになれるのか?

そもそも”プロ”の基準は何なのか?

収入はどれくらいなのか?

これらの要素について解説していきます。プロのギタリストになる夢を叶えましょう!

プロギタリストとは「ギターで生計を立てていける人」

会社員やアルバイトをせず、ギターを通じた仕事で生活していける方は「プロギタリスト」と言って良いでしょう。

プロと言ってもギタリストの仕事は多岐に渡ります。人それぞれ得意分野も違うし、稼げる仕事も変わってきますからね。

そして多くのプロギタリストは「様々な音楽の仕事を併用して稼いでいるパターン』がほとんどです。

スタジオミュージシャン、バックミュージシャン、バンドに所属する、YouTube、楽曲作成依頼、アーティストとして作曲、メーカーなどからの案件、路上ライブ、音楽講師、などなど。

でれか1つだけをやっている方は珍しいです。なぜ複数の収入源を持つかと言うと、そうした方が収入が増えるし、より安定して稼げるからです。

ギタリストによって「どの仕事で沢山稼いでいるか?」は異なります。YouTubeとギター講師をメインで稼いで、作曲をサブの収入にしている人は最近多く見かけますね。

プロギタリストには努力次第で誰でも目指せる

「音楽には才能が必要」という言葉を聞いたことがある方も居ると思います。

しかしギタリストにとっては「①努力を続ける事」「②諦めない強い心」「③ギターを好きである事」の方が重要なのです。

プロギタリストになるための道のりは険しくはありますが、努力を継続していけば夢を掴むことは出来るでしょう。

ギタリストになりたいなら才能を気にする必要はありません。ギターが好きで音楽が好きで「俺はギターを仕事にして生きていくんだ」という強い意志があれば大丈夫です。

実際、現役のギタリストはプロになった今でも毎日の練習は欠かさないし、毎日のように仕事をしているものです。超が付くほどの努力家ばかりなんですよね。

プロの世界で生き残るのは「音楽とギターに自分の人生を捧げられる人」なのです。

Tips

有名アーティストになって年収1000万円以上稼ぎたい方は、こちらのTipsを読んでみて下さい。音楽ジャンルにて1位を獲得した人気のTipsです↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

プロギタリストになるためにはビジネススキルも重要

プロになるためには「ギターが上手くなければいけない」と考えている方は多いでしょう。

しかしお金を稼いで生計を立てていくためには”ビジネスに関するスキルと知識”を身に着ける必要があります。

ビジネススキルと言うと難しく感じるかもしれませんが、簡単に言えば”収入を増やすために工夫したりアイデアを考える事”です。

例えば「YouTubeでのギター動画の再生回数を伸ばすために、面白い企画を立てたり、クリックしたくなるサムネイルを作る事」も立派なビジネススキルです。

プロになりたいなら、ギタースキルを磨くだけでなく、音楽ビジネスに関するスキルも磨いていきましょう。

そうしないと「ギターは上手いけど仕事には出来ない趣味止まり」になってしまいます。

有名アーティスト・ギタリストの多くは音楽をビジネスとしてとらえている

有名アーティスト・ギタリストのほとんどは「音楽を趣味では無くビジネスとして考えるようになった」というターニングポイントがあるものです。

分かりやすい例で言えば「今まで自分の好きな音楽を作ってきた」というアーティストが「世の中の需要に合わせて売れる音楽を作るように路線変更した」というものがあります。

ギターを仕事にしてお金を稼ぐとは「大衆やクライアントに求められている音楽を提供する事」なのです。ここが”趣味でやるギター”とは大きく異なる部分ですね。

しかし自分のやりたい音楽やギタースタイルを全て諦める必要はありません。「自分のやりたい音楽」と「世の中に求められている稼げる音楽」これを上手い塩梅で両立していけば良いのです。

求められているモノを提供しつつも、そこに自分だけの色を出してくことがプロギタリストの”プロの仕事”と言えるでしょう。

Tips

ギタリスト・アーティストとして成功して年収1000万円越えを目指す方法は、こちらのTipsで学ぶ事が出来ます。夢を叶えたい方は、ぜひ一度読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

プロギタリストとして稼いでいくにはまず「知名度」が必要

自分の音楽や商品を売ったり、クライアントなどから仕事の依頼を受けるためには、何よりも”自分の存在を知ってもらう事”が1番大切です。

例えば、YouTubeやTikTokなどでギター動画を上げてフォロワーが増えれば「今度新曲作るんだけとレコーディングに参加してみない?」と誘いが来たり「BGMの作曲をしてほしい」と依頼が来たりするものです。

プロとしてやっていきたいなら、まずは「ギタリストとして知名度を上げる事」から始めていきましょう。

作曲するもよし、YouTubeやTikTokのショート動画でギターの上手いプレイを上げるもよし、とにかくまずは自分を知ってもらうための活動から始めていきましょう。

最初はお金に関してはほとんど稼げないと思います。広告収入も少ないし、仕事も来ないし、アルバイトした方がまだ稼げる状態が続くと思います。

しかし最初は誰しもそうなんです。最初から生計を立てていけるほど収入が多いギタリストは居ません。

知名度が上がってこれば、徐々に仕事も増えてくるし、作った曲がバズれば広告収入やストリーミングサービスの収益も増えていきます。

なのでいかに最初の辛い時期を乗り越えていくかが大切です。知名度も仕事もゼロの状態が1番大変で、多くの人がココで挫折していきますからね。

なので「今は稼げないのは当然で、とりあえず知名度を上げていく事にフォーカルする」という姿勢で取り組んでいきましょう。

プロギタリストはどれくらい稼げる?

プロギタリストの年収はピンキリです。年収300万円くらいの方も居れば、売れて年収1億越えの人も居ます。

仕事内容や知名度・ファンや顧客の人数によって、収入は大きく変わります。ギタリストによって”何の仕事でどれくらい稼いでいるか?”はかなり違いますね。

そして年収は毎年大きく上下します。「去年は年収1200万円だったけど、今年は年収600万円」なんて事は頻繁に起こりえます。

なので「プロギタリストになれば、これくらい稼げる!」という明確な数字は無いのです。会社員とは違いますからね。

お金持ちになりたいなら作曲スキルは必須になってくる

年収が多いギタリストは「作曲をして印税収入などを貰っている事」がほとんどです。

なので稼ぎたければ作曲の仕事やアーティストとしての活動は必須になると言えるでしょう。

また、シンガーなどに楽曲提供する事によっても印税収入が入ってきますね。

お金持ちのプロギタリストは、ギタースキルだけでなく作曲スキルも持ち合わせている事がほとんどです。

ギターの腕前を磨くとともに、作曲に関しても学んでいく事が大切です。音楽理論やDAWソフトの使い方なども理解しておくと、仕事の幅が広がって収入も増えていきます。

Tips

有名ギタリスト・アーティストになる夢を叶えて、お金持ちになりたい方は、こちらのTipsを読まないと損ですよ。多くのアーティストの方にご愛読いただいている人気のTipsです↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

プロのギタリストになるには「どれくらいの上手さ」が必要か?

プロになるためにはどれくらいの技術が必要なの?と疑問に思う方も居ると思います。

これに関しては明確な基準は無いですが「①オリジナルでもカバーでも良いので10曲以上”綺麗に”弾ける」「②聞き心地の良い音を出せる」「③リズム感が正確」「④オリジナルのリフやメロディーを作れる」「⑤楽譜やTab譜が読める」これくらいが最低限の目安と考えて良いでしょう。

当然、スキルが高く音楽知識が多いほど仕事も収入も増えていきます。

ギタリストとしての仕事内容にもよりますが、例えばレコーディングでギターを担当する場合は↓

1, 用意された譜面を読んで弾ける能力

2, 曲の雰囲気を掴み、どのような音を出せば良いか考えられる事

3, 目立ちすぎないアレンジを加えて。より良いギタートラックを作る事

4, クライアントとのコミュニケーション能力

5, メジャーな楽曲でよく使われるコード進行を理解しておく』などが必要になってきます。

もう1つの例として、音楽・ギター講師をする際は↓

1, 有名な曲が沢山弾ける

2, ギターや音楽理論に対する知識

3, 人の手本になるような綺麗な演奏スキル

4, 生徒のモチベーションを上げるテクニック

5, ギターの上達に必要な事を言語化するスキル

などの要素が必要となってくるでしょう。

特にプロとしてやっていくためには「人に聞いてもらった時に、ちゃんと音楽になっている事」が1番大切です。シンプルなコードやメロディーでも、綺麗に正確に弾ければ仕事としてやっていく事は可能です。

ちなみにですが「自分は技術が低いから仕事は無理かも」とあまり臆病になる必要はありません。仕事の依頼を受けた際は『自分が出来る事と出来ない事』をちゃんとクライアントに伝えておけば、どうにかなります。

例えば、世の中には”音楽理論も知らないし楽譜も読めないギタリスト”が、レコーディングに仕事として参加する事もよくありますからね。

プロギタリストになるための練習時間はどれくらい?

プロギタリストは上手い人ですら毎日練習をしています。自分を高める事に妥協が無いんですよね。

練習時間は「平日は2~4時間、休日は8~10時間」を目安にしましょう。もちろん予定があれば練習時間が減っても大丈夫です。

大切なのは毎日欠かさず練習する事ですね。楽器は練習しない時間が1日以上あると鈍ってしまうものです。もちろん急激に技術が落ちるわけでは無いですけどね。

しかし、プロギタリストの多くは「ギターを弾かない日は無い」という方がほとんどです。

もはや、一般的な人がスマホを見る様な感覚でギターを弾いているんです。気が付いたらギターを手に持って弾いているという感じです。

私としては「1日○○時間練習しなきゃ!」という目標の立て方はオススメしません。そのうち嫌になってきます。

「暇ならとりあえずギターを練習する」くらいの感覚で弾いて「気が付いたら数時間練習していた」という状況こそがベストですね。

Tips

人気ギタリストになって年収1000万円越えを目指したい方は、こちらのTipsをぜひ一度読んでみて下さい。おかげ様で、音楽ジャンルにて1位を獲得した人気のTipsです↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

ギターでプロを目指す際の仕事や学業について

ギターでプロを目指す場合、最初は仕事や学業との両立をしていく必要があります。

高校や大学に通ったり、会社員として働きながら、家に帰ってきたら練習するという日常になるのが普通です。

ちなみにですが、プロギタリストを目指すならギターをやりつつも、保険として一般的な職業に就く道も確保しておいた方が良いです。

もし仮に音楽に挫折しても会社員として生きていけるし、その際はギターを副業&趣味として楽しみながら自由にやっていけます。実はこれも1つの幸せな道なのです。

ギターをやりながら仕事や学業を両立していくのは大変な事ではありますが、実はギター1本でやっていくよりも精神的に安定するので私としてはオススメしています。

プロギタリストを目指すために音楽の学校は行くべき?

結論から言うと「音楽大学・専門学校に行く必要は無い」です。

理由は単純で、学べる内容が薄いし独学で出来る範囲だからです。

音楽の学校に行かなくてもプロのギタリストにはなれます。これだけはハッキリ言えますね。

特にロックミュージシャンは音楽学校に通わず、独学でギターを弾いている方が多い印象ですね。

なので進路を決める際はギターの事は一旦置いておき、会社員として生きていくつもりで学校を選びましょう。

その上で、ギターは独学で学んでいけば良いのです。音楽理論に関しては、実用的な物さえ理解してしまえばOKなのでそこまで難しくはありませんよ。

Tips

有名ギタリスト・アーティストになって年収1000万円越えを目指す方法は、こちらのTipsで学ぶ事が出来ます。このチャンスを逃すと損しますよ↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

プロギタリストを目指すのに年齢は関係ある?

プロギタリストを目指すなら若い方が有利ではあります。色々と自由だし活力がありますからね。

しかしプロを目指すのに年齢的な制限はありません。

実際、活躍しているギタリストは40~50代の方も結構居ますからね。

プロにはなれなくとも、副業としては十分稼げるくらい(月5万~10万円ほど)を目指すなら難易度はかなり下がります。

そこから更に知名度が上がり、ファンも増えていけば、独立して音楽を本業にする事も可能です。

なので「ギターをやりたい!」という気持ちがあるなら、絶対に挑戦するべきです。やらずに一生後悔するよりは断然良いですからね。

ギターのプロを目指すならアコギかエレキどっちが良い?

ギターと言っても現代では「アコースティックギター」か「エレキギター」の2種類が主流となっています。

プロを目指すならどっちが弾けた方が良いの?と思う方も居るかもしれません。

これに関しては自分の好きな方、やりたい方でOKです。

「どっちか決められない!という方はエレキギターをオススメしますね。日本では未だにバンドが人気だし、レコーディングでもエレキのギタリストを求められる事はかなり多いです。

ちなみにですが、どちらのギターから始めたとしても結局は「アコギもエレキも両方弾くようになる」というのがギタリストあるあるですね。

Tips

ギタリスト・アーティストとして成功してお金持ちになる方法は、こちらのTipsにて解説しています。おかげ様で多くのアーティストの方にご愛読いただいています↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

プロギタリストとして活動するなら『音楽関係の知人』を作っていく事が重要

プロギタリストとして仕事を受けていきたいなら”音楽関係の方との繋がり”は結構重要です。

人間関係は希薄でも大丈夫ではありますが、知人や友人を増やしておくと、ふとした時に仕事を貰えたりするものです。

「そう言えば、知り合いの○○くんエレキ弾けるから声かけてみようか?」といった感じで仕事の依頼が入る事もありますよ。

無理して人間関係を増やす必要は無いですが、可能であれば音楽仲間を自然に作っていける様なコミュニケーション能力があると良いです。

また、ギターの腕前が上がっていけば色々な音楽関係者から声をかけられたりします。ライブ会場・レコーディングスタジオ・SNS・路上・楽器店などなど、新しい出会いのキッカケは様々です。

プロギタリストを目指す際に注意すべき事

プロを目指す夢がある方に1つだけ注意してほしい事があります。

それは「ギターを絶対に嫌いにならない事」です。え、そんな事?と思うかもしれません。

しかしギターを仕事にしようとすると、様々な壁が立ちふさがるし中々結果が出ないで落ち込む事もあるでしょう。

そうなれば、ギター漬けの毎日に嫌気がさしてくることもあるでしょう。

その状態のままギターを続けても段々と音楽が嫌いになっていきます。

プロですら音楽が嫌いになる瞬間というものは経験しているモノです。

しかしギターが嫌いな状態では、練習にも身が入らず上達しないし、作曲も良いアイデアが浮かばなくなってきてしまいます。

プロギタリストになり生計を立てていくためには「ギターを愛し、練習や仕事を楽しむ事」これこそが1番重要なのです。それだけは絶対に忘れないでください。

あなたがギタリストとして成功して活躍できる事を願っています。頑張ってください!

Tips

音楽で成功を掴み年収1000万円以上稼ぐ夢を叶えたい方は、こちらのTipsを読んだ方が良いですよ。有名アーティスト・ギタリストになるための秘訣を学ぶ事が出来ます↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました