インディーズアーティストの音楽が売れない原因と解決方法

音楽雑学
音楽で夢をつかもう!

人気アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。おかげ様で多くのアーティストの方にご愛読いただいています↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

オリジナル曲をリリースしてみたは良いけど「全然売れない!」と悩んでいる方も多いと思います。アーティストは売れるまでの下積みが大変ですからね。

アーティストが売れないのは「運」だけでは無く「売るための戦略を知らない」という要因も大きく関わってきます。

音楽も立派な仕事でありビジネスなので、需要を理解してちゃんと戦略を練れば、効率よく知名度を大きく上げて売れる事も可能なのです。

この記事では、音楽で売れるための戦略や考え方について書いていきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

売れたいなら需要のある曲を作ることが大切

アーティストと言えば「好きな音楽をやって自由に生きる」というイメージが強いかもしれませんが、それはあくまでも表向きの話です。

アーティストは才能を売る商売かつ、カッコよくて憧れの存在でなければいけないのでブランディングとして自由を謳歌しているように見せているだけなのです。

しかし実際はお金を稼いでいくために、大衆の需要を理解するというビジネス的な思考が必要になってきます。有名アーティストですらこの部分には頭を抱えているのです。

音楽と言うのは「ファン」が居る事で成り立っています。つまり世の中の人々に求められている楽曲を提供しないといけないのです。

自分が好きな曲とか、やりたい音楽をやっているだけでは売れにくいのが現実なのです。

嫌いな音楽を無理してやるのは苦痛なので「売れる音楽」と「自分のやりたい音楽」を上手い塩梅で両立しながら活動していく事がポイントです。

有名アーティストでも作曲で悩むことが多い

平気そうな顔をしている人気アーティストも、日々売り上げには悩んでいるモノなのです。

例えば「魂を込めてこだわりぬいて作った、夢を追いかける事をテーマにした曲」よりも「割とテキトーに作ったラブソング」の方がSNSなどで再生数が伸びたりバズったりするのです。

音楽業界ではこのような事が頻繁に起こります。

また「難しいリフやオリジナリティーあふれるコード進行で曲の展開を豊富にし、音楽的に高度な素晴らしい曲」よりも「使い古された定番のコード進行を使った簡単で分かりやすい曲」の方が売れたりするんですよね。

近年人気の曲は特にコード進行は定番のモノを使っているし、リフも簡単かつキャッチーでかっこいいものが採用されやすいです。

音楽は点数や難易度を極める競技では無いので「音楽が詳しくない大衆向けにレベルを落として発信する」という所がポイントになってくるのです。

ここをまずは理解しないとアーティストとして売れる曲をリリースしていく事は難しいでしょう。

夢を叶えよう!

音楽で成功して年収1000万円稼ぐ夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。おかげ様で多くのアーティストの方にご愛読いただいています↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

インディーズで売れたいならラブソングをメインに作った方が良い

結局、音楽で売れたいならラブソング。失恋ソングを作るのが1番良いのです。これはシンガーソングライターでもバンドでも共通する事です。

現に、今の時代は無名のアーティストが一気に知名度を上げて有名になるのはラブソングがキッカケであることが多いのです。

「瑛人」「りりあ。」「あれくん」「あいみょん」などラブソングをメインに扱うアーティストはインディーズでも若い人の間で話題になりやすく伸びやすいのです。

もし、ラブソングがあまり好きじゃないなら「歌詞に共感してもらう」という事を第一に考えて作曲してみて下さい。

社会風刺や人生に関することでも何でも良いのです。出来るだけ万人が共感してくれそうな事をテーマにすることが大切です。

現代の音楽は歌詞が最重要項目になっているのです。コードやメロディーはその次です。

カバーしやすい難易度の曲に仕上げる事が大切

現代の音楽は色々な人にカバーされることで広まっていきます。なのでカバーしやすいような楽曲を作ることは現代の音楽業界では大切な事なのです。

難易度が高い音楽は作るのも演奏するのも難しいので、ハッキリ言ってコスパがかなり悪いです。

例えば「瑛人 – 香水」なんかは有名なインフルエンサーにカバーされていった結果、YouTubeで1億6000万再生もされたのです。

この曲はコード進行が「451進行」「4536進行」と言う基本のモノが使われていてその繰り返しで弾き語りをします。

転調も無いので楽曲としての難易度が低いんですよね。だからこそ多くの人にカバーされたのです。

音楽に詳しくない大衆向けに作る曲は簡単であるほうが良いんです。実際にメジャーデビューして売れている曲って難しくないものがほとんどです。

可変拍子はほとんど使われないし、コード進行も定番かつ変化も少なめです。クリシェなんかはほとんど見ません。難しい音楽ってマニアにしか需要が無いんですよね。

もし難しくてマニアックな曲も作りたいなら「コアな層にウケる曲」と「大衆に聞いてもらう曲」と明確に区切りを付けて作曲すると良いでしょう。

「今回はヒットを狙うから万人受けしそうな内容の曲にしよう!」などと初めから目的をちゃんと決めて作曲するようにすればOKです。

目指せ年収1000万円越え!

有名アーティストになる夢を叶える方法はこちらのTipsで解説しています。きっとあなたの音楽人生を大きく変えるキッカケになるでしょう↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

TikTokやYouTubeショートでオリジナル曲がバズれば一発逆転出来る

現代のアーティストにとって何が1番大切かと言うと「TikTok・YouTubeショートでバズを掴むこと」です。

売れるための最短ルートであり、今まで無名だったアーティストが何人もトップアーティストに上り詰めています。

「TikTokで流行るのは嫌だ」と考えているアーティストやリスナーも居ますが、売れたいならその感情は捨てたほうが良いです。手段を選んでいる場合では無いのです。

どっちみち他の方法で売れても、ショート動画で音源として使われてバズることになりますからね。

今の時代はTikTok・YouTubeショートを無視して音楽活動は出来ないのです。

インディーズの無名アーティストがYouTubeで再生回数1000万~1億越えまで出来るのでかなり夢のあるSNSです。使わないのは勿体ないですね。

こちらの記事ではアーティストに向けたTikTokの攻略法について書いてあります↓

多くのアーティストがTikTok・YouTubeショートを目標として作曲をしている

売れるためにアーティスト達は、音楽活動の方向性を変えて柔軟に対応していく事が大切です。

「SEKAI NO OWARI – Habit」は結構分かりやすい例だと思います。若者向けにTikTokでバズるようなインパクトのある楽曲を作り、狙ってバズを起こしたと言えるでしょう。

また、最近の曲は前奏や間奏が少なくなってきているのもその象徴とも言えます。現代の音楽は歌詞が重要視されている傾向にあるので、途中でブラウザバックされないように前奏を省いているのです。

最近ではインスト部分を飛ばして音楽を聞くのが、若い人の間では普通になってきています。

またTikTokやYouTubeショートでは曲のフルでは無く10~15秒だけを使われる事も多いです。

なのでショート動画の音源として使われた時に真価を発揮できるような、曲作りも必要になってきています。

歌詞は15秒程度の歌で伝わるような、印象の強くで意味の通ったものにする必要もあります。

作曲する際は「TikTokで切り抜く部分」を意識してそこに注力するのも良いと思います。

音楽で夢をつかもう!

音楽で成功して人気アーティストになる秘訣はこちらのTipsで学ぶ事が出来ます。年収1000万円越えを目指したい方は必見です↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

良い楽曲が出来ているならちゃんと宣伝すれば売れる

当然の話ですが、まずは「良い楽曲」を作れなければ売れません。

歌詞やメロディーはもちろん、楽曲のクオリティーも重要です。

ちゃんとした設備でレコーディングしたり、ホワイトノイズやリップノイズを消してコンプレッサーで音量の平均化をして聞きやすい曲にすることも重要です。

声を張って歌唱力を感じるようなボーカル音源が作る。ピッチとタイミングを整える。などと言った曲として良いモノを作る”基本”はしっかり出来ている必要があります。

そこまで高度な編曲スキルは必要ないですがYouTubeやSpotifyなどにリリースする音源はちゃんと作った方が良いのです。

iPhoneのビデオカメラ機能で録画してリリースとかではダメなのです。

パソコン・マイク・オーディオインターフェース・DAWソフト(録音ソフトでも可)と言った最低限の録音機材はそろえておくべきなのです。もしくはレコーディングスタジオで録音するのも良いでしょう。

ちゃんと聞ける良い曲が作れているのならば、宣伝を頑張ってSNSでバズれば一躍人気アーティストの仲間入りが果たせるでしょう。

楽曲のリリース頻度は高い方が良い

アーティストにとって必要なスキルの1つとして「素早く作曲が出来るかどうか」と言う事が挙げられます。

音楽のリリース数が多いほどファンは付きやすくなるし離れにくくなります。1年に3曲しか出さない人よりも12曲出せる人の方がチャンスを掴みやすいのです。

アーティストはリリースした曲のどれか1つさえバズってしまえば名前が知れ渡るので、固定ファンがつくようになります。

そうなれば配信・ライブ・グッズ・ファンクラブなどで安定した収入を得る事が出来るのです。

1曲をこだわって作るのも大切ですが仕事としてやっていくなら「作曲スピードの速さ」も重要になってくるのです。

ちなみにインディーズアーティストならMVにあまり費用や時間をかけなくても良いのです。手早く低コストで良いMVを作ることを心がけていきましょう。費用のかかったMVを作るのは有名になってからでも十分です。

例えば、シンガーソングライターの「りりあ。」は「浮気されたけどまだ好きって曲。」のMVは自分が弾き語りしている所を撮っただけのMVですが1300万再生もされています。

この事から曲のMVに費用をかけずともヒット曲は出せる事が分かります。もちろん世の中にはMVの良さで人気を得た曲もありますけどね。

しかし予算が無いうちは大手に勝てるほどのクオリティーのMVは作れないです。

個人で作成したような「素人感」が合っても良いので、オシャレな物を作っていきましょう。

楽曲のリリース頻度が遅いと音楽活動の幅が広がらない

曲を作るスピードが遅いとアーティストとしての活動がほとんど出来ません。

例えば、ライブ配信をしようとなってもレパートリーが少ないと時間がもたないので雑談がメインになってしまいます。

それでも良いのですがアーティストなら音楽の弾き語りと雑談を上手く交えてやっていくのが1番カッコよくて人気がありますからね。

さらにオリジナル曲が少ないとライブが中々出来ません。箱ライブや武道館など将来は大きなライブをやって夢をかなえたい人は作曲スピードを早めたほうが良いです。

また、作曲スピードが早いとドラマやCMなどタイアップ案件も組みやすくなります。

なので作曲スピードがある程度早い方が、収入は増えます。もちろん雑に作って良いという訳では無いですけどね。

音楽で夢をつかもう!

人気アーティストになって年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsをご覧ください。おかげ様でTipsの音楽ジャンルにてランキング1位を獲得しました↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

インディーズアーティストは人としての魅力が重要

音楽で売れたいなら”固定ファン”を付ける事が1番大切です。

「100人の熱心なファンが居ればアーティストは食っていける」という言葉があるように、熱狂的なリスナーは音楽で食っていくために必要なのです。

ではそんなリスナを増やすにはどうしたら良いのか?それは「音楽だけでなく人としても愛される事」が答えになります。

「ギターを弾いている姿がカッコいい」

「雑談が面白い」

「人柄が良い」

「こんな人になりたいと思える理想的な人物」

など人としての魅力も必要になるのです。ではこのような人としての魅力が無いアーティストはどうなるのかと言うと「曲だけの知名度が独り歩きしている状態」になるのです。

なので「曲は知っているしたまに聞くけどライブはいかないしグッズも買わない」という状態のファンが増えてしまうのです。

これではマネタイズが上手くいかないので収入を大きく増やすことが難しくなってきます。

ビジュアルを整えるとファンは増える

男女問わずビジュアルの良い男性アーティストは人気が出やすいです。認知してからファンになってくれる確率が高くなるんですよね。

「音楽に顔は関係ない」とはよく聞きますが、ある程度の見た目の良さは必要になってきます。

「イケメン」や「美女」である必要は無いんです。「普通」くらいで良いんですよ。

ただ雰囲気はアーティストらしくオシャレである必要があります。

ファンになってくれる人と言うのは、同性のファンなら「この人みたいにカッコよくなりたい」という憧れを持つ人や「こんなアーティストになりたい」という夢を持つ人が多いです。

また「この人の音楽を聞いている自分はイケている」といった自分自身に惚れているファンも居ます。

異性のファンなら恋愛に近い感情を抱くことが多いです。音楽だけでなくそれ以外の面も見て好きになる人が多いのです。

最近の言葉では「推し」と言いますが、これは人として好きで応援したくなることがよくあるんです。

なのでアーティストにとって恋愛対象になるくらいの、ある程度整ったビジュアルは持っていた方が良いのです。自分磨きをしてオシャレな人を目指しましょう。

音楽で夢をつかもう!

アーティストとして成功して年収1000万円越えを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。おかげ様でTipsの音楽ジャンルにてランキング1位を獲得しました↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

インディーズアーティストはCDを売ろうとすると失敗する

昔のアーティストはマネタイズ方法として「CDでシングルやアルバムを売る事」が主流でした。

しかし時代の変化と共にCDを買う人は大幅に減り、一部の熱狂的なファンだけがコレクションとしてCDを買うようになりました。

レコードが廃れたのと同じようにCDにも終わりが来たのです。

今の時代にCDはあまり売れないので、ライブなどで数量限定で売ったりするのが良いと思います。

ライブはイベント事なのでお客さんの財布の紐が緩くなりがちなので買ってくれやすいです。

一応、ネットショッピングでも買えるようにしておけば良いでしょう。しかしCDプレスするのは少なめにしておくと良いです。

CDは昔に比べて売り上げは減っているのでたくさん作る必要は無いのです。「グッズの一部」の様な感覚で売るのが正しい戦略です。

今の時代は広告収入とライブ配信の投げ銭も大事な収入源

逆に昔には無かったマネタイズ方法も現代では確立されています。

YouTubeの広告収入やSpotify・Apple Music などのストリーミングサービスの再生収入、そしてライブ配信の投げ銭であるスーパーチャットです。

スーパーチャットは大きく稼ぐキッカケになりうるので、今のアーティストはライブ配信を積極的にやっていくと良いと思います。

1~2か月に1回とかで良いので、ネット上でライブ配信をしてみると良いでしょう。雑談しながら演奏したり歌ったりするのが人気ですね。

こういったライブ配信で稼いでいくには、上で言った「人としての魅力」が必要になってきます。

音楽は時代と共に稼ぎ方が変わっていきます。今後も新しいアーティストの形が出てくると思います。

そんな中で時代の変化に適応していけるアーティストだけが生き残っていけるのです。

目指せ年収1000万円越え!

人気アーティストになるための戦略はこちらのTipsで解説しています。あまり表に出ないような情報満載なのでぜひ一度読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

YouTubeに投稿した曲に適切なハッシュタグを付けるとファンが増える

YouTubeでは概要蘭でハッシュタグを付ける事が出来ます。適切なハッシュタグを付ける事で新しいファンが増える可能性があります。

そんなに難しい事では無いのでオリジナル曲を投稿する時に概要蘭に書いておくと良いでしょう。オススメのハッシュタグはこちら↓

#オリジナル曲

#弾き語り

#インディーズ

#新曲

その他にも自分の音楽に適したハッシュタグがありそうなら付けてみると良いでしょう。

#ジャズ #ブルース #新人歌い手 #高校生 などなど。

ハッシュタグをつける事で検索で引っ掛かりやすくなります。例えば「インディーズバンド オリジナル曲」などで調べた場合にヒットする確率が高くなります。

インディーズのアーティストが好きなだったり、新しい音楽を発掘したりするのが趣味の人も居ますからね。

YouTube以外のSNSもハッシュタグは重要

Instagram・TikTok・TwitterなどのSNSでもハッシュタグからの流入はあるのです。

特にInstagramはハッシュタグ検索をする人が多いので、そこから新規ファンを獲得することも可能になります。

TikTokでは適切なハッシュタグを付ければ、動画がバズりやすくなります。

自分の音楽活動に関係のあるハッシュタグを付けていけば、地道ではありますがファンを増やしていけるでしょう。

音楽で夢をつかもう!

オリジナル曲をバズらせて人気アーティストになる方法についてはこちらのTipsで解説しています。年収1000万円越えを目指したい方は、ぜひ一度読んでみて下さい↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

圧倒的歌唱力があれば注目されやすい

数秒聞いただけで「え、上手すぎでしょ!」と思えるような歌唱力があれば、ファンは増えるし拡散もされやすくなります。

出来ればオリジナル曲で歌唱力を見せつけたほうが良いです。

「新しい最高のアーティストを発掘した」と思わせる事が大切です。

どうすれば歌が上手いと思ってもらえるか?どういう声の出し方が自分に合っているのか?などを試行錯誤しながら自分なりに歌唱力のあるアーティストを目指していきましょう。

弾き語りの場合は「綺麗で透き通った繊細な声」もしくは「魂がこもった情熱的な声」が注目をあぶやすいですね。

素人のカラオケみたいな歌い方では、音楽として評価されにくくなることを覚えておきましょう。

「これはヤバいアーティストが来たな」と視聴者に思わせるほどの上手さやインパクトが必要です。

音楽リスナーには「歌声が好きでファンになった」という層も結構います。アーティストにとって歌声は重要な要素なので研究していく必要がありますね。

歌声を加工しすぎると人気が出ない

せっかくの良い歌声も編曲の際に加工しすぎると魅力が無くなります。機械音声のようなケロケロボイスの歌声は基本的に人気が無いです。

一部のラップやテクノポップは例外ですが、合わない音楽ジャンルでは加工のやりすぎはNGです。

エフェクトでリバーブをかけたり色々変えていく事は出来ますが、元の声の良さを生かすように自然なトラックに仕上げていく事が重要です。

エフェクトをかけすぎた声ってちょっとダサいんですよね。

結構アンチも多いので万人受けしにくくなるのです。人の心に刺さるのはやはり生に近い声なのです。

音楽で夢をつかもう!

人気アーティストになって年収1000万円稼ぐ夢を叶えたい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。おかげ様でTipsの音楽ジャンルにてランキング1位を獲得しました↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...

誰かのパクリっぽいインディーズアーティストは売れない

これはメロディー・歌詞・世界観・ビジュアル・活動の内容など、様々な要素で気にしておくべきポイントです。

「なんかこの人○○ってアーティストに似ているな」と感じられたら、あまり売れないんですよね。パクりの印象が強くなるので応援する気が失せるのです。

アーティストは芸術を売るので「誰にも無い個性」が必要になります。万人ウケする曲を作りながらもその中で「自分にしか出せない個性」を作っていく必要があります。

ここが音楽の難しい所なんですよね。売れるための明確な正解が無いのでココを自分の感覚で探っていく必要があるのです。

インディーズのアーティストって「なんかどこかで見たことがあるような量産型」ってタイプが多いんです。

ファッション・MV・SNSの発信内容・曲調・歌詞などの世界観の作りこみが甘いと、モブ感や素人っぽさが出てしまうんです。

色々なアーティストが居る中で個性を出していくのは難しいですが、やはり最低限垢ぬけた雰囲気は必要になってきます。

「そこらへんに居そうなアーティスト感」はなるべく排除していくように心がけていきましょう。

「なんかダサいアーティスト」にならないこと

世の中には「なんかあんまりカッコよくないアーティスト」が結構います。世界観の作りこみの甘いインディーズアーティストはその傾向がありますね。

自分の音楽活動やSNSを見直して「これダサいな」と思うポイントは改善していきましょう。客観的に自分の事を見れるアーティストは成長が早いです。

音楽はカッコつけていく事も、かなり大事です。恋愛でかっこいい人が持てるようにアーティストも色々な面でかっこいい方がファンに愛されやすいのです。

特に音楽は”女性ファンの心をつかむ事”が人気と売り上げに繋がります。これは男女どちらのシンガーにも言える事です。女性ファンの方が購買力も高く、熱狂的に応援してくれやすいのです

夢を叶えよう!

音楽で成功を掴み、年収1000万円越えアーティストを目指したい方はこちらのTipsを読んでみて下さい。おかげ様で多くのアーティストの方にご愛読いただいています↓

【音楽カテゴリで人気1位】アーティストが音楽で成功する"極秘の戦略"を教えます! | Tips
年収1000万円以上稼ぐ人気アーティストになりたい!と思う方のみ、この先を読み進めてください。音楽をやっている方なら一度は「アーティストとして成功したい!」と言う夢を見ると思います。その夢の叶え方、このTipsで学ぶ事が出来ます。今の時代は...
タイトルとURLをコピーしました